スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連絡は遅いし、デートでも退屈そうな彼。私は軽んじられている?

自分の意見ばかりぶつけてもだめ!<br />Photo by Thinkstock/Getty Images

自分の意見ばかりぶつけてもだめ! Photo by Thinkstock/Getty Images


発言小町に、「彼は思いやりの無い人でしょうか?」という投稿が寄せられました。
トピ主さんは20代の会社員。先日、同年代の彼と一緒にテーマパークに行ったところ、彼は「何が楽しいのかわからない」と、終始退屈そうにしていたそうです。トピ主さんは気を遣うのが嫌になり、お昼でデートを切り上げてしまいました。ほかにも、デートの連絡が当日の昼になったり、場所も彼の趣味に合わせたところだったり、トピ主さんは自分ばかり我慢しているように感じて、「私はこの彼に軽んじられているのでしょうか?」と問いかけています。

■「彼がしてくれていること」にも目を向けて

まず、投稿には、矛盾した内容もあるように感じました。「デートの場所が、彼の趣味に合わせたものである」とのことですが、今回のテーマパークは、トピ主さんが行きたかった場所のようです。「今回は珍しく、トピ主さんに付き合ってくれた」ということなのかもしれませんが、「何が楽しいのかわからない」と思いながらも、彼は来てくれた。これはつまり、彼にも「トピ主さんが喜ぶなら……」という気持ちが多少はあったということではないでしょうか。

メールでのデートの連絡も同様です。前日の夕方に「明日会いたい」と伝えたトピ主さんは、当日昼になってから返事をした彼を「遅くて困った」と責めました。でも会いたいと言ったのはトピ主さんで、彼は即座ではないけれども承諾し、会えることになったのですよね。100%期待どおりの行動はしてくれなかったかもしれませんが「一緒にテーマパークに来られたこと」や「こちらが会いたいときに会えた事実」のほうに目を向けてみれば、彼なりに応えてくれている事にも気付け、素直に喜べる部分もあったのではないかなと思います。

その後の投稿には「彼のほうから積極的にアプローチをされて付き合い始めた」という記述もあり、「あなたから好きと言ったんだから、もっと私を大事にすべきでは?」という思いも、ちらほら垣間見えます。でも、彼が示してくれる“愛情”にあまり不満を示していると「トピ主さんを大切にしよう」という彼の気持ちはどんどん萎えていってしまうかも。「彼がしてくれないこと」ではなく、「彼がしてくれていること」にもしっかり目を向けていきましょう。そうしていたほうが、彼の態度もトピ主さんの望む方向に変わっていきやすいと思います。

■「楽しさ」より「苦痛」が多くなれば、恋愛は終わる

投稿には、デートで退屈そうだった彼に対し「私なら態度に出さず、相手に合わせて一緒に動く(今までのデートもそうしてきた)」という記述もあります。もしかしたら、「私はいつも無理して彼に合わせているんだから、一度くらい合わせてくれてもいいのに!」なんて気持ちもあったのかもしれませんね。トピ主さんは「交際相手にも気遣いは必要」という考えで、一方の彼は、恋人は家族のような身内感覚で、わざわざ他人のように気を遣うのは面倒だと考えている可能性もあるでしょう。
またメールの件から察するに、彼はのんびりしているか、「自分のペースで動きたい」という思いが強いタイプなのかもしれません。

トピ主さんが「私はあなたに合わせているんだから、あなたもそうすべき」と考えていると、こうしたタイプの男性は、交際を徐々に“苦痛なもの”として捉え始めてしまうこともあります。トピ主さんからすれば、「好きだから、多少無理してでも一緒にいたい」というだけのことでも、彼は現状、そう考えるのが難しいのかも。同等の見返りを求めてしまうくらいなら、「あなたが無理しないなら、私もしない」という気楽なスタンスに切り替えてしまったほうが、お互いにストレスはたまりにくいと思います。

例えばメールの件で、彼は「返信が遅いと思うなら、電話すればいいだろ」と言ったそうですが、「そっか、じゃあ今度からは電話するから絶対出てよね!」なんて明るく返せば、それ以上けんかにはならなかったかもしれません。彼を責めるよりも、こうした性格の男性と自分はうまくやっていけそうかどうか、どうやったらうまくやっていけるか、考えてみるとよさそうです。

■お互いにストレスのたまらない方法を探ろう

デートの行き先について、「楽しいと思える場所が合わない」というカップルや夫婦は、世の中にたくさんいます。「相手と一緒に過ごせること」を優先したり、「知らない世界に興味を持とう」という姿勢があったりするのが“理想”かもしれませんが、無理にそうした努力はせず、「相手の趣味には興味がないから」と別行動をしているカップルも割といるものです。

トピ主さんたちも、相手の行きたい場所に付き合うのが「正直、退屈だ」と思うなら、無理して合わせるより、お互いに気持ちよくいられる方法を工夫してみては。例えば、片方の気が乗らない場所は別の友達と行き、彼とは意見の合う場所や、家でたくさん一緒に過ごすようにする。夜ご飯は一緒にと約束して、それまでは各々の好きな場所に出かける、などなど。「何もかもすべてを、恋人と一緒にしたい」と思っていると、義務感や無理も生じがちで、そうした負担があまりに大きくなると恋愛は続きにくい……ということは覚えておくといいと思います。

また、トピ主さんの言うように、男性が女性に“ベタ惚(ぼ)れ”している場合は、確かに女性のペースに合わせてくれる可能性は高くなると思いますが、あまりに無理を強いられる交際は、やはり長くは続きません。一生を共にしようと考える相手ならば尚更、お互いに無理のない“いい形”を探っていく必要があるでしょう。

■「正論」で相手を追い詰めないように

「自分が悪くなくても『ごめん』と言うことも、相手を思いやる証だと思います」――こんな道徳的な正論を掲げて彼を責めている点も、少し気になりました。そうやって正論で彼を何度も追い詰めていると、いずれこの関係は終わりを迎えてしまうかもしれません。恋人が厳格な教師のようになってしまったら、誰でも嫌ですよね。何か言いたいときは、「私はこのように感じたんだけど……」などと、なるべく自分の意見として伝えるのがおすすめです。

スムーズにいかない交際にイライラする気持ちもよくわかりますが、他人同士ですし、最初から以心伝心、何もかもが自然に、何事もなくうまくいく……というのは難しいものです。
交際のなかで、時には衝突もしながら「こういう人なんだな」とお互いに理解しあい、その上で、ではどうしたらうまくいくかについて前向きに探っていきましょう。それで試行錯誤してみても、「やはりこの彼とは合わない」と思うならば、将来を考えて決断していけばいいと思います。

最後に。トピ主さんはその後の投稿で、彼への不満をたくさん挙げていました。恋愛がうまくいかないとき、「自分が悪かった」とばかり思う必要はありませんが、とはいえ「相手だけが悪い」と考えていると、次の恋愛でも、同じ失敗を繰り返しがちです。自分の側にも、「改善したほうがうまくいくかも」と思う反省点があれば、ぜひ今回の事から学んでみてくださいね。
泣いてもわめいても、気持ちが離れてしまえば恋愛はそれまで。彼のことがまだ好きならば、一緒にいられるという「今ある幸せ」も忘れず、大切にしていってくださいね。


~恋愛したい人にオススメの出会えるサイト~


女性は無料、男性はポイント制や月額制の優良な出会い系サイトです。
恋人探しはもちろん、趣味友達など異性だけではなく、同性の方とも知り合えるなど、交流の場として利用することもできます!
男性は登録時にお試しポイントがもらえます。それを利用すれば無料で出会うことも可能なので、これを機にぜひ登録してみてください。

PCMAX

アフィリエイト

<<紹介記事こちら>>


ワクワクメール

pc_468x60.gif

<<紹介記事こちら>>


ハッピーメール

ハッピーメールバナー

<<紹介記事こちら>>


イククル


<<紹介記事こちら>>


YYC




<<紹介記事こちら>>


youbride(ユーブライド)




<<紹介記事こちら>>

ラブサーチ




<<紹介記事こちら>>
スポンサーサイト
訪問ありがとうございます!
PCMAX
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
ワクワクメール
192x53_bu
ハッピーメール
ハッピーメールバナー
イククル

YYC

ユーブライド

ラブサーチ


カテゴリ
リンク
管理人オススメのお小遣いサイト
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。